financial

国債とは何か

国債への依存を減らすこと

国債というのは国の借金です。これは、国が発行する債券ですので信用が高いといったことが特徴ですが、他の債権に比較すると金利が低くなっているものです。ですが、金利が低いといっても国が返済を保証している債券ですから国債というものは、数ある金融商品の中でも人気の高いものといっていいでしょう。 今の国家財政はこの国債によって成り立っていて、なんと収入の半分近くがこの国債によって占められているのです。先にも述べたように国債というのは、収入ではなく借金ですから、今後はこの返済といったものが必要になっていくものです。将来はこの国債への依存といったものをどんどんとへらしていくことが大きな課題となるのは間違いないところです。

債権は借金ということ

国債というのは、債券ですからこれは借金です。ですから、これには利息といったものもあり返済期限といったものもあるものです。今の状況は国内でほとんどの国債が消化されているので、国の予算の半分ぐらいが国債となっていてもされほど、とりざたされていないのですが、これが海外でも多くの国債が消費されていくことになると、この財政状況といったものは大きな問題となってくることが予想されるものです。ですから、そのようなことになる前に、出来るだけ早く今の状況を改善していくことが必要です。今の国の財政はユーロ危機といったようなものを招いた国々の財政状況よりも悪いともいえる状況ですから、ことは先送りに出来るようなことではないのです。