financial

大家の多様性

これまでの不動産投資

近年ではサラリーマンの平均年収は下がっていると言われているのですが、実際に生活していく上での物価などは上がっているという乖離現象が起こっているのです。その状況を打開するためには、本業の収入以外にも別収入を得たり、夫婦で共働きをしたりという方法があるのですが、その中で今人気があるのが不動産投資という方法です。 この方法はサラリーマンとして働きながら、住居以外の物件の大家になるということです。金融商品と違う点は、特別な知識がなくてもある程度の資金を用意できれば誰でも出来るという点です。さらに一度物件を購入したあとは、入居者が毎月家賃を支払ってくれるので、不労所得として定額の副収入が手に入るという仕組みです。 ただこれまでもそうなのですが、一生の内の大きな買い物のひとつですので、一個人が投資するには敷居が高いものとして取り扱われてきたのですが、近年は銀行の融資緩和などの制度を利用して、低所得者でも大家になれるという時代背景に変わってきているのです。

サラリーマン大家の今後

サラリーマン大家の今後については、ますますの需要が増えてくるでしょう。というのも近年は不動産投資会社というのが、どんどん不動産投資の斡旋に力を入れていることもあり、個人のオーナーとパートナー契約を結ぶという方が増えているからです。 この方法ですと家賃に対するリスクの軽減や、物件管理の手間などを排除することができ、本業で忙しい方でも気軽に利用が出来るという点がメリットです。不動産投資会社にとっても個人に大家になってもらうことで、物件在庫のリスクや、減価償却による不動産価値の下落に対するリスクというものを深く考える必要がなくなるのです。 サラリーマンにとって不動産というものは、敷居が高いという格付けがされているのですが、こうした方法により身近なものへと変わってきているのです